ワクワクメールで一番記憶に残っている思い出をひとつ

ちょうど今ぐらいの季節の出来事でした。

ワクワクメールを通じて、私はある女性と出会いました。その女性の名前は仮にA子としておきましょう。

A子のサイト内での基本情報は職業が事務職で年齢は20代半ばとのことでした。そして、A子は私は同じ年代だったこともあり、私からのメッセージに返信してくれたのです。

そんな感じで始まったA子との付き合い。初めは、メッセージのやり取りのみの関係でしたが、メルアド交換、写メ交換、携帯番号の交換と着実にステップを踏んでいきました。

正直な話、私は出会い系サイトというものは、H目的の為に存在するという考えの持ち主です。ですが、A子は他の女性と違い話しているだけで癒されると言いましょうか、そんな魅力を持った人物でした。

もちろん、下心がなかったわけではありませんが、いつしか私はそんなことを抜きにしてA子と会ってみたいと思うようになったのです。そして、その願いは、それからしばらくして叶えられました。

A子の方から私に直接会いたいと言ってきたのです。私は二つ返事でその申し出を受けました。さらに、A子はお泊り宣言までして、私の期待に拍車をかけます。彼女も大人ですし、自分の言っている意味は理解していると私は考え、その日を指折り数えて待ちました。数日後、A子と会う日です。

私達は会う場所をお互いが住んでいる以外の町に決めていました。それはA子の提案でしたが、ぶっちゃけていうと、私は彼女がいましたので、その方が私にとっても都合のよい提案です。

そして、待ち合わせ場所まで車を走らせる私。心なしか、ハンドルも軽く感じます。待ち合わせ場所に着くと一人の女性が立っていました。間違いなく、写メでしか見た事のなかったA子です。しかも、実物は写メよりもキレイに見えます。

肩まである黒くサラサラの髪、端正な顔立ち、タイプとしてはキレイ系と言っていいでしょう。

電話で何度も話しているのに、私たちはとりあえずお互いに自己紹介をして、それからドライブに出かけることにしました。

車の中では他愛もない話をしていたのですが、時間を共有する事によって、A子との距離感はぐっと近くなったように感じます。そして、夕食を済ませたあと、一応、冗談めかしにホテルに誘ってみました。するとA子は首を縦に振りました。

ここで、私のテンションは最高潮です。そして、待ちに待ったベットイン。

約1時間後、ベットでA子と会話を楽しんでいるとA子の携帯が鳴りました。どうやら、メールが来たらしく、彼女は一通り目を通すと、携帯を閉じました。私が誰からと聞くとA子の口から出たのは意外な言葉でした。
「旦那」
そうA子は既婚者だったのです。ですが、私は衝撃を受けるどころか、A子が人妻だったことにより、より彼女に魅力を感じました。そして、私も彼女がいる事を打ち明け、結果的にダブル浮気になってしまったわけです。

その後もA子との関係は5年ほど続きました。恐らく、お互い依存の関係にあったのでしょう。しかし、A子の旦那の転勤に伴い、その関係は終わりを告げたのです。

最後に。彼女は私にとって、出会い系サイトで出会った、心と体、両方通わせる事の出来た数少ない女性でした。

そして、私は今更ながら思うのです。A子との出会いが本当の意味での出会いサイトの成功例なのだと。

コメントを残す