ハッピーメールでセフレ探し

ハッピーメールを使って、いつでもどこでもタダでセックスをしてくれる美人で20代前半の若い女友達が欲しい!

そう思っているあなた。これ、なかなかハードルが高いんです。無理とは言いませんが、非常に競争率が高く、またそういった女性を見つけ出すことすらかなりの運を必要とします。闇雲にプロフィール検索アダルト掲示板を漁っていても徒労に終わるだけになってしまうことはほぼ確実です。

具体的には、どうすればいいのか?

それは、最初から目当ての女性を絞りすぎないことです。また、セフレだからといって必ずしもタダマンに拘りすぎるのも考え直したほうがいいです。そして、最初から「今から会ってすぐにセックスやりましょう」なんてメールを送らないことです。

これだけでも、随分と最初に設定していたハードルよりは低くなっています。

ハッピーメールは、圧倒的に男性側より女性側の方が有利です。ポイントはタダだし、何より一人の女性が掲示板に書き込んだりすると、男性からの反応はアダルトなら数件、ピュアなら数十件となります。男女比率は公式には明らかにされていませんが、一目瞭然です。

何故ピュアの方が女性に送られるメールの数が多いかというと、それはメル友・飲み友・遊び友といったところから関係を始めれば、タダでセックスできるセフレの関係になりやすいと多くの人が考えているからです。よく、出会い系サイトの攻略サイトでも、アダルトではなくピュアを狙えと書かれていますので、そういう情報を参考にされる方が多いということでしょう。一昔前ならともかく、今なら出会い系サイトでセフレを作る方法を紹介するサイトなんてちょこっと調べればいくらでもありますからね。

それに、「おこづかいくれるパパ募集」といった露骨な誘いよりは、「一緒にディズニーランド行ってくれる男性探してます」と書いてある誘い文を書いている女性の方が何となく綺麗な心をもっている感じがしませんか? 何をもって綺麗かどうかは決めることはできませんが、「ラブホ行きましょう」なんて多くの人が見える場所で誘っている方と比べればお金に汚くないように見えるのかもしれません。

私からしてみれば、見知らぬ女性と遊ぶ約束をして、彼女が食べるものや交通費を肩代わりして、お土産もおごっちゃう男性で、下心なしで女性と会いたいと思っている人なんていうのはいないと思います。

とりあえず、最初は女性と近づくために投資をして、後でたっぷり回収させてもらおう。一回デートに行ってしまえばこっちのもの。

……なんて、そんな旨い話はありません。この不況の時代に、ちょっとお金をちらつかせて優男を演じていれば女性を落とせるなんて考え方は、ハッキリ言って古いです。バブル時代かよと言いたくなります。

セフレを探すハードルを下げると言っても、単純にピュア掲示板から探せばそれでOK、なんてことはありません。

中にはピュア掲示板から仲が発展することもありますが、女性側の本音は別のところにあるのです。

コメントを残す