デジカフェは業者が少ないことで有名です

happymail_enderigyoysya_maruwakari05

いまやサクラなんかよりもよっぽど出会い系の害悪として有名になっている業者の存在。一口に業者といってもいろいろとあるのですが、いまの時代に業者といえば「援デリ業者」のことを指すことが一般的です。

援デリ業者とは、出会い系を利用してデリヘルの斡旋・営業をしている業者のことです。そのほとんどは出会い系の運営元とは無関係の人物がやっており、出会い系の運営にとっては百害あって一利なしの組織ですから、登録されては強制退会させ、登録されてはまた強制退会させ……といったイタチごっこが毎日のように繰り広げられています。

もっとも、デジカフェにはあまり関係のない話なんですが……関係ないって、けっこうすごいことなんです。

いま、業者の多くは日本で最大級の出会い系サイトであるハッピーメールやワクワクメールといったサイトに一極集中する形になっています。なにしろ、あそこは業者にとってとても利用しやすいシステムが揃っていますからね。それに加えて男性会員の数も多いのですから、そこでの営業だけで事足りてしまうし、もっとも効率がいいのでしょう。

ハピメもワクワクも「出会い系サイト」が根本になっているシステムですから、業者にとって都合がいいのです。

しかし、デジカフェは「SNS」が根本になっているシステムなので、業者にとって都合が悪いのです。

これだけ業者の少ない出会い系サイトは、かなり貴重だと思いますよ。

出会い系とSNSの違い

出会い系はもともと1対1でのやり取りをメインとしており、ハッピーメールやワクワクメールにある日記機能はオマケみたいなもので、とてもシンプルなつくりですし、利用している人も登録者数の割合で考えたらかなり少ないですね。

しかし、デジカフェはもともと日記やSNSといった機能に注目した日本初のサイトですから、そもそもの作りが違うのです。一般ユーザーにとってはとても使いやすく便利なシステムであっても、援デリ業者にとっては使いにくく不便なのでしょう。

そのため「この人って業者なんじゃ?」といった疑心暗鬼にかられる心配もなく、一般女性だと思っていざ出会ってみたらお金を要求された!なんてトラブルに巻き込まれる可能性も低いです。

一般女性との出会いを求めているのであれば、断然いまはデジカフェが会いやすいですね。

ハッピーメールやワクワクメールほどの登録者数はいませんが、業者がほとんどいない上に会員の質がとにかく高いです。それは一般教養的な意味でも、ルックス的な意味でも両方です。

デジカフェで会ってきた中で「うーん、この人はいまいちハズレかな」と思った人と、ハッピーメールで出会った一番かわいい女の子を比べた場合、デジカフェでいまいちと思った女の子のほうが断然かわいかったことがあり、改めてデジカフェというサイトのクオリティの高さを認識することになりましたね。