デジカフェは5年ほど前に登録して現在も利用しています

デジカフェは5年ほど前に登録して現在も利用していますが登録時から変わらず、穏やかな雰囲気の出会い系サイトだと思います。

ポイント目的でサイト利用をするいわゆる「サクラ」の女性も目立ちませんし、実際に利用していても比較的良質なユーザーが多いように感じます。

掲示板を使って出会い募集することももちろん出来ますし「デジログ」というブログ機能があり更新すると共感してくれた女性からコメントをいただいたりします。

もちろん女性もデジログを更新しているのでそのブログにこちらがコメントをつけることも出来ますし、SNS的な部分でもかなり充実していますね。

「デジチャット」というチャット機能もついているので、このチャット機能を使ってメール以上により円滑なコミュニケーションを取ることも出来ますよ。

メールよりレスポンスが早くやり取りが出来るのでここから直接待ち合わせするまでに発展したり…このコンテンツはおすすめです。

しかも結構な頻度で男性ユーザーに優しいメールやチャットのキャンペーンをしていますから、このキャンペーンの時を見逃さないように利用しています。

このサイトはちょっと他とは違う特徴があってオモテ版であるデジ(ノンアダルト)とウラ版であるウラデジ(アダルト)があるんです。

だから自分がどんなお相手を探しているかによってウラとオモテを切り替えてお相手を探すことが出来ます。

これは他の出会い系にはあまりないこのサイトの個性じゃないかなと思いますね。

ひとつのIDがあればデジとウラデジを自由に行き来出来ますが利用料金もデジとウラデジとで違ってくるのでこの点は事前に確認を。

やはりノンアダルトなコンテンツの方が金額は安く済ませることが出来ますからね。

私の場合、女性が書いていたブログに共感してコメントしたところすぐにコメントの返信がきました。

その後チャット機能を使ってお互いのことを話すようになり実際にお会いするまでに至りましたよ。

その女性とはフィーリングも合い、良いお付き合いになりました。

デジカフェのキャッシュバッカー(メールレディ)の見分け方と対策

デジカフェには、デジカフェが雇っているサクラは存在しません。

しかし、最近ではキャッシュバッカー(メールレディ)が目立つようになってしまいました。

キャッシュバッカーとは、メールの送受信でなどでポイントを稼ぎ、景品やお金にしようとする女性のことで、男性が出会い系サイトでの目的(出会う→SEX)を達成できない女性のことです。

とは言え、相手はあくまでも素人なので、コツさえ掴んでしまえば見抜き方はさほど難しくありません。

キャッシュバッカーの見分け方と対策」については、これまでも多くの研究がなされ、対策がとられてきました。

しかし、ポイント還元率が低いサイトでは、もはやスーパーのポイントカードくらいの稼ぎにしかならないと言われる今でも、キャッシュバッカーはしぶとく生息しています。

そんな憎むべきキャッシュバッカーですが、その生態を理解することで、真の適切な対処へ光明が見えてきました。

キャッシュバッカーはもはや愛すべき存在……かもしれません。

1.キャッシュバッカーの標準対策

まずは、これまでに明らかになっているキャッシュバッカーの特徴とその対策です。

キャッシュバッカーの特徴

  • プロフ写真がやたらとカワイイ
  • メールが短い 意味深な一言系が多い
  • 返信が早い どんな質問にも即答からの質問返し
  • 直アドを教えてくれない
  • なかなかのエロい写真をUPしている
  • こちらがキレるように仕掛けてくる

キャッシュバッカーは男性の気を引くために、カワイイ写真やエロい写真を使用しています。また、思わず「どうしました?」と返信したくなるような、意味深なつぶやきを発します。「キャッシュバッカーでしょ?」とか「もしかして業者?」というエグイ質問にも、上手に返してきます。その返信もお金になるからですね。

キャッシュバッカー対策

このようなキャッシュバッカーへの対策は、「メールを返信しない」「煽られても乗らない」「無視する」しかありません。

2.キャッシュバッカーの功罪

「カワイイ写真で思わせぶりなメールはキャッシュバッカーかも!?」という警戒心が多くの男性の間に広がり、「もう誰のことも信じちゃならねぇ……」と出会い系に身を置きながらも「人との出会いを拒否する」という、由々しき事態が発生しております。

キッシュバッカーではない、普通の女性にも「もしかしてキャッシュバッカー?」とあらぬ疑いをかけ、せっかくのチャンスを不意にしてしまった人も少なくないのです。

キャッシュバッカー!許すまじ!

3.想像してみよう!キャッシュバッカーはこんな人

では、どのような人がキャッシュバッカーになっているのでしょうか?

その生態を想像してみました。

ポイント大好きオバサン

スーパーや薬局で買い物をするとポイントがたまるシステムは、ずいぶん以前からあります。一昔前はお店が発行するカードに「ハンコ」が押されるスタイルでしたが、現在はICカードに自動的にポイントがたまるようになっています。

このポイントシステムは、いつの世もオバサマたちの心をつかんで離しません。「あの店はイヤよ、ポイントたまらないじゃない!」「あと46円買えば、もう1ポイントつくわ」と、自らの消費行動がポイントに支配されているのです。

そのポイント信者のオバサマたちにとって、出会い系サイトで男性にメールをするだけでポイントがもらえるなんて、夢のようなシステムです。

旦那にも相手にされず、ポイント目当てのお店には、自分と同じようなオバサンしかいない。そんな日常のなかで、男性とのメール交換とポイントの両方が得られるキャッシュバッカーは「天職」なのかもしれません。

生活苦のフリーター

定職もなく収入も少ない、もちろん彼氏もいない女性が、生活のためにやむを得ずキャッシュバッカーという悲しい生き方を選んでしまったのかもしれません。

本当は男性に頼りたい、男性に助けてもらいたいのに、冴えない自分に自信がもてず、本当に出会おうとするとフラれてしまうことを恐れているのでしょう。

短い意味深なつぶやきは、本心かもしれません。SOSなのかもしれません!

出会い系サイトに恨みをもつ喪女

かつて出会い系サイトで出会った男に騙されてしまったか、あるいは手ひどくフラれてしまったか、はたまたまったく誰とも出会えなかったか、とにかく「出会い系サイト」自体に並々ならぬ恨みをもつ喪女がキャッシュバッカー化したことが想像できます。

恨みによる行為とは恐ろしい限りですが、しかし、ここにも大きな自己矛盾を抱えています。

「出会い系サイト」を恨みながら、それでも出会い系サイトにしがみついてしまう哀しい性です。

4.やはり「無視が一番!」キャッシュバッカー対策!

キャッシュバッカーの生態について考えてみましたが、かわいいモテ女がキャッシュバッカーになっていることは想像できません。キャッシュバッカーの実態が、ポイント好きのオバサンであろうとも、生活苦のフリーターであろうとも、恨みにかられた喪女であろうと、「出会いたくない存在」であることはたしかです。

出会い系サイトのキャッシュバッカーは「無視する」に限ります。

しかし、「なんだこいつ!」と頭にきて無視をするのではなく、「ああ、こういう生き方しかできない哀しい人なんだな……」と、優しく愛撫をするように、そっとブロックしてあげましょう。