ハピメを使って低コストで出会いに繋げるテクニック

出会いコンテンツは何かとお金がかかるもの……。

無料で利用できるコンテンツは少なく、素敵な出会いをするためには多少コストがかかってしまうのは仕方がないとも言えます。

でも、ハピメなら豊富なコンテンツを巧みに駆使し、他よりも安く出会いに繋げることができるのです。

ハピメの料金システムからコストを抑えるノウハウをご紹介します!

ハピメの料金システム

ハピメにはメールや掲示板、チャットなどの機能があり、それを利用すること自体は無料ですが部分的に料金が発生する項目が幾つか存在します。

※これは男性が利用する場合(1p=10円)

  • メールを受信する=0p
  • メールの返事を書く=5p
  • プロフィール閲覧=1p
  • プロフィールの写真を見る=3p

これは料金システムのごく一部であり、機能によって多少かかるポイントは変わるもののこういった要素に料金が発生するのは出会い系コンテンツでは一般的。

ハピメの場合は料金も低く設定されているため、出会い系界隈では安い部類です。

ですが、重要なのは料金の安さではなく、受動的な機能には費用はかからず能動的な機能には費用がかかるという仕組みになっている点。

特に、メールの送信には高い料金設定が設けられているのがポイントです。

メールの送信は割高

相手にメールを送信するという行為は、出会い系コンテンツにおいて相手と親密な関係性を築くためには欠かせない手段でした。

ですが、最も多く利用される機能であるため、それを有料コンテンツにして利益を得ようとするのは運営として当然。しかもサイト内の有料コンテンツとしてもメールの送信は高い部類。

従来の出会い系サイトであれば相手とやり取りする手段はメール機能くらいしかありませんでしたが、ハピメにはメール以外にも様々な機能が存在します。

そのため、料金が安く設定されているサイトを選んで利用するのも大切ですが、『何が無料で何が有料か、有料であればどの程度の費用がかかるのか』をしっかり把握し、安いコンテンツを活かした立ち回りをすることが低コスト化に繋がるのです。

日記の活用が効果的

ハピメには日記、つまり簡単なブログの様な機能が存在します。

相手を知るためにはプロフを確認するのが一般的ですが、ハピメの場合はこの日記の有無やその内容をチェックするのが効果的な手段とされているため、非常に重要視されているコンテンツなのです。

しかも、日記は自分で書いたり相手の日記を読んだりしてもお金がかかりません。読み手が自分の日記に対してコメントをする際に料金が発生する仕組みになっています。

つまり、日記を通じで自分のことを知ってもらえるだけでなく、わざわざ有料のコメント機能を使ってアプローチしてくれる相手を探す目安にもなるのです。

メールだけでやり取りを済ませようとするのではなく、こういったコンテンツで互いを認識し関係を深めていくのもハピメで費用を抑えるためには欠かせません。

外部でのやり取りが理想系

相手とメールしたりするのにこれだけ費用がかかるのは、ハピメ内でやり取りをしているからに他なりません。

ですので、ハピメにかかる費用を抑える究極の方法は出会い系コンテンツ内でやり取りするのではなく、外部で電子メールや電話、LINEなどを使用してするのが1番です。

ですが、この方法をすんなり受け入れてくれる相手は極稀。
知り合ったばかりの相手に電話番号やメールアドレス、LINEIDなどの個人情報は簡単には教えませんし、直接会ったりした後でないと教えてくれない可能性が非常に高いです。

と言っても、会わなくとも親密な関係を築ければ教えてくれる可能性もありますし、試しに持ちかけてみるのも手ですが、その提案をすんなり受け入れてくれる相手は悪徳業者のサクラの可能性もあるので注意が必要です。

ハピメを使って低コストで出会いに繋げるテクニックまとめ

出会い系コンテンツは多様化し様々な機能を持ったサイトが登場する中で、女性への効果的なアプローチ方法はメールだけではなくなりつつあります。

メール機能という高コストな手法で相手を攻略するのではなく、無料コンテンツを活用しながら相手にアプローチをかける方法が主流になりつつあるのかもしれません。

低コストで短期間に相手を落とすためには、従来のメールテクニック以外にもそういったコンテンツを駆使する技術も必要になってくるのではないでしょうか。