デジカフェは業者が少ないことで有名です

happymail_enderigyoysya_maruwakari05

いまやサクラなんかよりもよっぽど出会い系の害悪として有名になっている業者の存在。一口に業者といってもいろいろとあるのですが、いまの時代に業者といえば「援デリ業者」のことを指すことが一般的です。

援デリ業者とは、出会い系を利用してデリヘルの斡旋・営業をしている業者のことです。そのほとんどは出会い系の運営元とは無関係の人物がやっており、出会い系の運営にとっては百害あって一利なしの組織ですから、登録されては強制退会させ、登録されてはまた強制退会させ……といったイタチごっこが毎日のように繰り広げられています。

もっとも、デジカフェにはあまり関係のない話なんですが……関係ないって、けっこうすごいことなんです。

いま、業者の多くは日本で最大級の出会い系サイトであるハッピーメールやワクワクメールといったサイトに一極集中する形になっています。なにしろ、あそこは業者にとってとても利用しやすいシステムが揃っていますからね。それに加えて男性会員の数も多いのですから、そこでの営業だけで事足りてしまうし、もっとも効率がいいのでしょう。

ハピメもワクワクも「出会い系サイト」が根本になっているシステムですから、業者にとって都合がいいのです。

しかし、デジカフェは「SNS」が根本になっているシステムなので、業者にとって都合が悪いのです。

これだけ業者の少ない出会い系サイトは、かなり貴重だと思いますよ。

出会い系とSNSの違い

出会い系はもともと1対1でのやり取りをメインとしており、ハッピーメールやワクワクメールにある日記機能はオマケみたいなもので、とてもシンプルなつくりですし、利用している人も登録者数の割合で考えたらかなり少ないですね。

しかし、デジカフェはもともと日記やSNSといった機能に注目した日本初のサイトですから、そもそもの作りが違うのです。一般ユーザーにとってはとても使いやすく便利なシステムであっても、援デリ業者にとっては使いにくく不便なのでしょう。

そのため「この人って業者なんじゃ?」といった疑心暗鬼にかられる心配もなく、一般女性だと思っていざ出会ってみたらお金を要求された!なんてトラブルに巻き込まれる可能性も低いです。

一般女性との出会いを求めているのであれば、断然いまはデジカフェが会いやすいですね。

ハッピーメールやワクワクメールほどの登録者数はいませんが、業者がほとんどいない上に会員の質がとにかく高いです。それは一般教養的な意味でも、ルックス的な意味でも両方です。

デジカフェで会ってきた中で「うーん、この人はいまいちハズレかな」と思った人と、ハッピーメールで出会った一番かわいい女の子を比べた場合、デジカフェでいまいちと思った女の子のほうが断然かわいかったことがあり、改めてデジカフェというサイトのクオリティの高さを認識することになりましたね。

デジカフェでウラデジを使わなくてもヤレちゃう方法

0544wakuwakumailデジカフェを申し込む男性陣のほとんどは、ウラデジ活用が目的ではないでしょうか?

ウラデジは、ダイレクトにエロトークができて、セフレを作るのにも便利なツール……。

ですが、実は、表タイプの爽やかなデジカフェこそ女とヤルのに便利なんです。

デジカフェとウラデジの違いとは?

出会い系サイトとして大手のデジカフェは、表向き

  • ピュアなお付き合い
  • 彼氏や彼女を作る
  • カップルや婚活系マッチングサイト

といった爽やかなイメージを重視しています。

そのため、Hな内容のやり取りや会話、セフレ作りなどのアクションはNG。とは言え、そこまでプラトニックなコンテンツだけでは、ここまでの人気はないと言えるでしょう。

デジカフェには別コンテンツとして、ウラデジを設けてそこではエロ全快モードOKな、大人向けのやり取りができるのです。

お付き合いならデジカフェ、ヤリ目的ならウラデジといったところでしょうか。

もちろん、セフレ探しなども直球で相手の好みを調べられるため、効率良く探すことが可能。女の子のエロ話が覗けるのも、魅力のひとつとなっています。

ヤリ目的なら当然、ウラデジ?

やっぱりヤレる女を探すなら、効率良くウラデジへ直行するのが男心。ダラダラとどうでも良い世間話なんか、誰だってしたくはありません。

ですが、実はピュアなお付き合いを全面にアピールしている表のデジカフェこそ、ヤリやすい女が集まっているのです!

  • 真面目に彼氏を探したい
  • 誠実な男性と出会いたい
  • H目的な男は嫌

こんな一見、ガードが堅そうな女性があつまるデジカフェだからこそ、一度その壁が崩れるとあっというまに更地になってしまいます。

後は、その開けた道を突き進むだけ、そのままラブホへGO!できるのです。

あえてデジカフェで落とす方法

デジカフェはエロトークがNGなので、あくまでも真剣にピュアなお付き合いをしている風にしなければ、いけません。

  • 趣味
  • 好きな音楽
  • よく見るサイト
  • 最近見たテレビ
  • ハマっているor気になるトレンド

など、基本的には薄く幅広く日記などでアピールしていきましょう。

実際に知識が薄いものでも、相手がくいついてさえくれば「これから学んでいきたいから教えて!」と絡むこともできるのでそこまで詳しく下調べをする必要はありません。

あくまでも撒き餌段階なので、色々な内容を盛り込んでいきましょう。

何かの内容でくいついてくれば、後はもうこっちのもの。会話をしながら、あくまでも「もっと話したい」という流れでアポを取ります。

アポが取れれば、ヤレたも同然

意外にここまでエロい空気を一切出していないものの、彼氏&彼女のお付き合いモードを視野に入れて、アポまで取れればヤレたも同然。

見た目や雰囲気などを徹底的に褒め称え、「付き合いたい」というアピールをすれば、相手の女性も悪い気はしません。

そこから後は、普段のデートのようにラブホに誘えばOK。処女でもない限り、空気に飲まれて部屋までついてくる女性は多いのです。

ただし、この方法はあくまでも「付き合う風」で乗り越えるやり方。とりあえず一度ヤって、身体の相性が良ければそのまま付き合いを続け悪ければ一度限りで終わらせるのが賢明でしょう。

セフレというよりも、ぶっちゃけ騙し騙されの世界。余計なトラブルを作らないよう、ヤって都合の良い女を探す…というパターンです。

そのため、良くも悪くも過度に「彼氏」「彼女」「結婚」という言葉を使わずフワッとさせた微妙な関係を維持させていきましょう。

意外にヤレちゃうデジカフェも見逃せない

体当たり勝負のウラデジは、女性も攻めの姿勢が強い分、表のデジカフェは受け身の女性が多いのが、最大の特徴。

とりあえずヤレる女を探すなら正直、表でエロい雰囲気を出さない方が、早かったりします。

とは言え、ヤるのが簡単な女は切るのが大変という謎の法則もある事実。

上手に立ちまわって、修羅場にならないようにお気をつけください。

サイト内で通話を楽しめる「おしゃべりMAX」を使って女性を口説く方法

PCMAXには、サイト内で通話を楽しめる「おしゃべりMAX」という機能があります。

おしゃべりMAXは、女性は完全無料でご利用する事が出来ます。男性は、ポイント制になっています。

ポイントを追加購入するか、PCMAX内で無料ポイントを獲得した後に、ご利用を楽しんで下さい。

お喋りが大好きな方や電話好きの方には、大活躍できる機能になるのではないでしょうか。

そんなおしゃべりMAXも、女性を口説くさいにはいくつかのポイントがあります。

今回は「女性にこうやって電話で話すとより食いつく!」そんなしゃべり方や誘い方を紹介しましょう。

ウケ狙いは女性を逆に困らせる

電話は直接的なコミュニケーションツールです。初めての男女なら緊張するのが当たり前です。女性は意を決して電話に応えてくれているケースが多いでしょう。

そういった女性に、緊張ほぐそうとバンバンウケ狙いと思われる発言を繰り返していると女性はどう思うでしょう。「笑わなくては…」と気を遣ってしまうばかりです。またそんな場所で空気を読まずに滑り続けていると段々話をしたくなくなってしまいます。女性は無償です。それなのに話をしなくないなんて愚の骨頂です。少々のジョークはOKですが、あまり度が過ぎた話は女性を引かせる可能性があります。

女性こそ緊張していることを理解するべし

出会い系サイトの中の電話はコミュニケーションツールの中でのもう一段階上のものだと思いましょう。実際に男性はある程度の脈ありと見込んだ女性に、電話でのアプローチを行なうのではないでしょうか。

しかし、女性は男性よりもはるかに緊張をしています。特に出会い系サイトの利用では女性は引っ込み思案な方が多いのも事実です。女性の方が緊張しているのだと思えば、少しリードしたり、空気を読んだ話し方で対応できるようになります。

話にメリハリを付けてリアクションをとる

電話ではリアクションが大きなカギになります。特に男性の方からのリアクションの取りやすい質問を投げかけるのもいいですね。

  • 「最近仕事で楽しかったこと、嫌だったことって何?」
  • 「面白いテレビってどんなの?自分も見てみたいな!教えて!」
  • 「連休はどんな事してたの?自分はこんなことしてたよ。」

こういった質問は具体的で答えが出しやすい質問でもあります。リアクションもとりやすく、女性の方も、
「そうだね~…」
「私はね!~」
など自発的に話をしようと思ってもらえます。女性は相手の話を聞いていて何を思ったかよりも同意や肯定を求めることが多いです。そこのポイントも考えて、メリハリのあるリアクションで会話を弾ませましょう。

まとめ

つまり、「会話」は楽しむものだということです。女性をなごませることはもちろん、男性の紳士的な対応に心惹かれるでしょう。

しかし、気を遣われてばかりも飽きるでしょう。男性自身が楽しんでいれば女性も自然に楽しい気持ちになってきます。会話も弾むのではないでしょうか。メールや掲示板もいいですが、電話機能もうまく活用してみましょう。